日本国国旗

在コスタリカ日本国大使館

Embajada del Japón en Costa Rica

文字サイズ変更

柔道コスタリカ代表のイグナシオ・サンチョ選手、フリアン・サンチョ選手が竹田恒和日本オリンピック委員会会長を表敬訪問しました!


(竹田JOC会長、イグナシオ、フリアン両選手及び関係者の皆さん)

  9月27日、本年9月から日本の東海大学にスポーツ留学(柔道)している柔道コスタリカ代表のイグナシオ・サンチョ選手、フリアン・サンチョ選手が、同じく東海大学に留学中のベネズエラのエルビスマー・ロドリゲス選手とともに、日本オリンピック委員会(JOC)を訪問し、竹田恒和会長を表敬しました。

  イグナシオ及びフリアンの両選手の東海大学への留学は、当館、全日本柔道連盟、東海大学及びJOCの協力により実現したものです。今回の両選手の竹田JOC会長への表敬は、そのお礼のために訪問しました。

  両選手は竹田JOC会長に、「竹田会長をはじめJOCの皆様の特別のご配慮により、東海大学に留学できたことに深く感謝します。この留学で柔道の研鑽に努め、2020年東京オリンピック競技大会に出場し、優秀な成績を収めることでご恩に報いたいと思います。」と語りました。

竹田JOC会長は、「お二人が東海大学に留学するお手伝いが出来たことをJOCとしても大変嬉しく思っています。今後も精進して頂いて2020年東京オリンピックに出場するとともに、柔道を通じて日本とコスタリカの友好親善と両国関係の発展に尽くしてください。」と激励しました。  

  イグナシオ及びフリアンの両選手は、留学中の3年間、東海大学柔道部に所属し、柔道の研鑽に励み、2020年東京オリンピックでのメダル獲得を目指すとともに、同大学の体育学部に籍をおいて、体育に関する専門的な理論と高度な知識と教養を身につけ、将来はコスタリカ・スポーツ界における指導的な役割を担うことが期待されており、日本大使館は両選手を今後も応援していきたいと思います。