小松大使の平和大学訪問

2021/1/21
文化担当官、大使、学長、学部長
本授与
寄贈された本
1月19日、小松親次郎大使は平和大学を訪問し、日本大使館の仲介で日本財団から同大学へ初めて寄贈された図書の引き渡し式を行いました。寄贈された学術書やアニメに関する図書など約50冊にのぼる日本関係図書が、在学生たちの学業向上に資するよう期待します。
 (注)平和大学は、国際連合総会決議に基づき、1980年に設立されました。

また、同大学では、フランシスコ・ロハス・アラヘナ学長、フアン・カルロス・サインス・ボルゴ学部長等と懇談し、新型コロナ禍の中での教育の仕方、平和と環境、人権、持続的開発等にかかる人材育成等につき意見交換しました。
 
さらに、同大学で学んでいる日本人留学生たちと面会しました。
同大学では、2005年以来、計170名以上の日本人学生が学んでおり、現在も12名の学生が在籍しています。
元青年海外協力隊や社会人、教員、助産師等の多様な経験を活かし、広い視点をもって平和大学で学ぶ学生たちと小松大使の間で親しく懇談がなされました。
留学生の皆様の今後の飛躍を強く期待致します。
 
国連平和大学の皆さんと